蒼ざめた犬

齧ったフィクション(物語)の記録。……恐らくは。

漫画

『バーナード嬢曰く。』の五巻が発売されたので、先日読んだ。四巻から二年ぶりということだが、町田さわ子は相変わらず本を読んでいて、自分の二年の停滞ぶりを思うと、なんだかその姿は眩しい。 今回もとても素晴らしく、彼らと本の風景は、巻を重ねるごと…

野村亮馬『インコンニウスの城砦』

あらすじ 氷期を迎えつつある惑星。少しでも温暖な赤道面を巡り、世界は北半球と南半球に分かれて争っている。『深い湖」のカロは、孤児院から南半球側の密偵に志願した少年だ。彼は北半球側が建設中の56号移動城砦――その地下工廠に潜り込み、そこで見聞きし…

怪奇とトリックが横溢する怪人賛歌:根本尚『怪奇探偵 写楽炎』

探偵小説、そんな言葉聞いて何を思い浮かべるでしょうか。怪奇色にあふれた血みどろの惨劇、異様な姿の怪人、大胆不敵なトリック、そしてそれらに敢然と立ち向かう名探偵。なんというか、江戸川乱歩的な風景を思い浮かべる人ならばぜひ読むべき漫画がありま…

詩野うら『偽史山人伝』

偽史山人伝 (ビームコミックス) 『有害無罪玩具』に続く作品第二集。こちらも著者が自身のサイト「チラシのウラ漫画」で公開していた作品+書下ろしとなっています。今回は、日常に挿入される非日常な風景というか存在を語りつつ、そのことについての認識論的…

世界はゆるく繋がっている:道満晴明『メランコリア』上・下

メランコリア 上 (ヤングジャンプコミックス) 作者: 道満晴明 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2018/03/19 メディア: コミック この商品を含むブログ (3件) を見る メランコリア 下 (ヤングジャンプコミックス) 作者: 道満晴明 出版社/メーカー: 集英社 発…

食べる孤独な姿にほっとする:施川ユウキ『鬱ごはん 3』

鬱ごはん(3) (ヤングチャンピオン烈コミックス) 作者: 施川ユウキ 出版社/メーカー: 秋田書店 発売日: 2019/03/19 メディア: コミック この商品を含むブログを見る この世には食べ物についての漫画があふれている。おいしいものを食べることの喜び、それを多…

詩野うら『有害無罪玩具』

有害無罪玩具 (ビームコミックス) 作者: 詩野うら 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2019/02/12 メディア: コミック この商品を含むブログを見る これは、著者が2016年からWebに公開していた長編漫画のうち、表題作を含めた三本と最後の書下ろしである『盆…

好きだからこそ闘う:山口つばさ『ブルーピリオド』

ブルーピリオド(1) (アフタヌーンコミックス) 作者: 山口つばさ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/12/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 今かなり来てる漫画というか、いいよと言われることが多くなってきたので読んだらヤバかった…

模倣するけもの:『けもーたりぜーしょん』

同人――同じ趣味を持つ人の集まり、というのはかつての辞書的な意味であり、現在における同人の大雑把なつかみ(というか、あまり知らない人間が大雑把にイメージするもの)としては、好きな作品のキャラクターをもちいて自分なりにその作品世界を模倣してみ…

死を見つめる:施川ユウキ『銀河の死なない子供たちへ』感想

銀河の死なない子供たちへ(上) (電撃コミックスNEXT) 作者: 施川ユウキ 出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 発売日: 2017/09/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (2件) を見る 銀河の死なない子供たちへ(下) (電撃コミッ…

八木ナガハル『無限大の日々』

これはいいSF漫画。 平行進化、群知能、ダイソン球、軌道エレベーター、確率、といったSFゴコロをくすぐるテーマで語られるSF短編集。どれもが魅力的なアイデアに満ちていて、それを語りつくす、というよりはさらりと皿にのせて読者に供して、それぞれの咀嚼…

読書を追いかけて:『バーナード嬢曰く』

バーナード嬢曰く。 (4) (REXコミックス) 作者: 施川ユウキ 出版社/メーカー: 一迅社 発売日: 2018/07/27 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る というわけで、早くもというか、ようやくというか、この読書にまつわる滑稽で愛すべき漫画も…