メアリにとって魔法とはなんだったんだろう

 映画感想『メアリと魔女の花

 ちょっと前に観てきたわけですが、なんと言えばいいのか……最初から最後まで何とも乗り切れないまま、映画館をでたのでした。

 米林監督作品は、これまで『借りぐらしのアリエッティ』、そして『思い出のマーニー』を観てきたわけですが、個人的に「アリエッティ」はジブリ作品の中で、何も感じなかった……というとアレですが、一番印象が薄く、正直ゲドよりも反応に困りましたが、「マーニー」はかなり好きだったんですよ。ジブリでありながら、これまで宮崎駿が手をつけてこなかった、幻想性、ゴシック性を盛り込んだミステリー性の高い作品で、何より静的な時間の描き方、人物の感情表現に、宮崎駿という重力を振り切った感を感じて、その期待込みでのメアリだったんですけど……。

 なんていうか、まず登場人物に魅力ないよね、メアリ。(ピーターや悪役の校長や博士のペラペラ感はまあこの際置く)メアリからして、確かに彼女は可愛く描いてはいるんですが、アニメーターがかなりの労力を注いでいるのは分かりながら、でもそれをいまいち共有できないもどかしさ。

 彼女は田舎にきて退屈しているわけなんですが、あんまり退屈しているように見えないんですよ。弁当を用意してもらって、周囲を散策してる場面では、平凡でつまんないとか、友達に思いをはせて寂しい、というわけでもなく、割と楽しそうです。やることなすこと失敗ばっかりという描写もあるんですが、そこに特にへこんでいるというわけでもないんですよ。

 だいたいにおいて、退屈である、というまえ振りがあるとしたら魔法というものは、作劇上素晴らしいモノ、楽しいモノとしてそれを解消するものとして描かれるわけじゃないですか。彼女の失敗を取り戻したり、もしくは、願いをかなえたりとか。前段階の灰色の日常があって、そこに魔法が彩を与える、という風にならないんですよ。その前段階の仕込みがあやふやなので。

 そうやって、魔法のすばらしさ、楽しさを描くことが、最終的にそれを捨てる、ということへの葛藤がドラマを駆動していくんじゃないの、と思うのですが。結局のところこの映画で魔法というものはあまりウェイトを占めないというか、あんまり魅力のあるものとして描かれないんですね。だから、一日だけの魔女とか言われても、ふーん、という感じがしちゃうんですよ。

 彼女にとっての魔法って何なんだろう、それが分からないまま、映画の時間が過ぎていく。彼女にとってそれは魅入られるものでもないし、かといって特に呪わしいものでもない。魔法に対して葛藤や思い入れが描かれないので、それを捨てたところで観客も盛り上がりようがないというか……。変なもの拾っちゃったけど、特にいらないから捨てちゃった、みたいな感覚なんですよ。

 ようするに基本的に魔法を捨てる、彼女は魔法がなくても大丈夫だよ、という結論ありきでそのまま逆算したような映画に見えてしまうんですね。作る側は答えはこうだ、という風にすでに悟っているというか、そこに向かって、チャート的にすべてを動かしているような気がしました。

 メアリについても、そんな感じで最初から最後の行動まですでにわかってやっているというか、そこに感情の変遷や変化っていうのがあんまり感じないんですよ。髪型が象徴しているわけですが、女の子は作劇の演出で、髪型の変化をキャラクターの変化として表現しやすいので、ジブリも結構やってきたわけで、メアリも、髪を二つに括った形から冒険を経てポニーテールになるんですが、最後の最後で元に戻る。それはこれまでのアンチテーゼであったり、日常に戻る、という演出なのかもしれませんが、絵的に元に戻ることが余計変化の無さを強調しているように見えてしまいました。

 ただ、いいところもあって、米林監督は、過去と未来といった時間軸を重ね合わせて、時空を超えて人物たちを邂逅させる、という演出は巧いです。そこは、そこに至る物語的な厚みはなくても、なんかグッとくる場面になっていたと思います。

 うーん、まあでも、映画全体を見るとなんかちょっと厳しい……映画全体を貫く芯に欠けたような映画だったかなあ……。